2005年9月10日

明日は選挙

家庭の問題が解決したわけではありませんが、アパートに戻りました。
実家のことが気がかりです…。

さて、明日は選挙です。みなさん、投票に行きましょう!
郵政民営化に関して、あまりマスメディアで触れられないことをちょっと書いておきます。

昔、公共事業の資金源に、

郵政庁──「郵便貯金」─→公共事業

というように、郵便貯金などから資金がかなり提供されていました。
それが、郵政公社になってからは、直接公共事業に資金供給することはできなくなりました。
しかし、郵政公社は金融商品の中でも一部の低リスクな商品での運用が義務づけられているため、

郵便貯金─→公共債

と、郵便貯金の多くが国債(ここでは公共事業目的の公共債)で運用されます。
すると、

郵政公社──「郵便貯金」─→政府──「資金」─→公共事業

と、ほとんど変わらない構図となってしまったのです。
この構図を変えて、公共事業に流入する資金を減らして公共事業自体を減らしていきたいという意図が今の政権にあります。
また、民営化すると天下りもできなくなります。

まあ、郵政事業には他にも様々な側面があるのでこれだけでは一概に言えませんが。
あとは、上記の良い悪いもあわせて、有権者が各候補や各政党の方針をみて判断してください。
年金などの社会保障も焦点の一つですから。


<追伸>
明後日からは、箱根に行ってきます。

0 件のコメント: