2009年10月4日

ジョインベスト証券が野村證券と統合へ

2009年11月23日に野村ホールディングス傘下のジョインベスト証券が同じく野村ホールディングス傘下の野村證券と統合する事となりました。

[ジョインベスト証券 - 野村證券との統合に関する重要なお知らせ]

野村證券が同じグループのネット証券を解体・統合するのは野村ファンドネット証券の時と合わせて2回目です。
野村ホールディングスは破綻したリーマン・ブラザーズの韓国を除くアジア地域、欧州地域及び中東地域を買収しました。
野村ホールディングスはこの買収後の2009年3月期決算に約7000億円の赤字を計上し、ジョインベスト証券もネット証券の市場が飽和し始め赤字が続いていました。
そのため野村ホールディングスがグループの赤字を減らすためにジョインベスト証券を解体・統合することは、野村ファンドネット証券の前例もあり予測できたことでしたので「やはり」といった感じです。

STAMシリーズなど野村證券と統合後は取り扱わない投資信託もあるため、統合時に扱われなくなる金融商品は他社に移管するか精算する必要があります。
SBI証券や楽天証券はジョインベスト証券の顧客を取り込みたいのか、株式移管キャンペーンを行っています。

[SBI証券 - 株式移管キャンペーン]
[楽天証券 - 「国内株式」「投資信託」振替キャンペーン]

ジョインベスト証券がすぐに消えそうなことは予想できていたため口座は開きませんでしたが、証券会社の破綻・業務終了、業務移管などのリスクに備えるため、少なくとも2つ以上の証券口座を持っていた方が安全だと考えさせられるニュースでした。