2009年2月16日

腹黒度チェック…【純白の天使】でした

「腹黒度チェック」なる心理テストをやってみました。

[腹黒度チェック]
http://www.goisu.net/cgi-bin/psychology/psychology.cgi?menu=c045

結果は
「あなたの腹黒度はゼロパーセント。つまり腹黒とは真っ向から対立する【純白の天使】です。」
でした。

権謀術数が渦巻く社会でサラリーマンやビジネスマンとしてやっていけるのか不安になる結果ですね。
なんらかの防衛手段が必要かもしれません。

2009年2月15日

Windows XPでも「SDXCメモリーカード」が利用可能に

新しく策定されたSDメモリカードの最上位規格「SDXCメモリーカード」はMicrosoft社が開発したexFATフォーマットを採用しています。
そのためFAT32フォーマットの限界である32GBの容量を超えたメモリを搭載できますが、標準のWindows XPではexFATに対応していませんでした (Windows VistaはSP1から標準で対応しています)。
この状況に対し、1月26日、Microsoft社はexFATに対応する更新プログラムをリリースしました。
この更新プログラムを適用することで、Windows XPでもSDXCメモリーカードが利用可能になります。
※なお、SDXCメモリーカードの利用にはSDXCメモリーカードに対応したリーダライタが必要です。

[KB955704]
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=1cbe3906-ddd1-4ca2-b727-c2dff5e30f61&DisplayLang=ja

SDメモリカードは、以下の3種類の規格があります。
新しく策定されたSDXCメモリーカードは最新の規格です。
  • SDメモリーカード … FATフォーマット、最大2GBまで
  • SDHCメモリーカード … FAT32フォーマット、最大32GBまで
  • SDXCメモリーカード … exFATフォーマット、最大2TBまで
サイズとしてはそれぞれの規格に、以下の3種類があります。
  • SD … 32.0[mm]×24.0[mm]
  • miniSD … 21.5[mm]×20.0[mm]
  • microSD … 15.0[mm]×11.0[mm]
microSDが登場し携帯電話に採用が広がるとminiSDの需要は大きく落ち込みました。
今後、miniSDと同様にSDXCメモリーカードはSDHCメモリーカードに取って代わるかもしれません。

デジタルカメラの購入予定の方は、問題がなければSDXCメモリーカード対応製品が出てからにするのが良いでしょう。
携帯電話がSDHCメモリーカードに対応するのは当分先になると思います。
携帯電話の買い換え予定の方はさらにその次の買い換えで対応する、ぐらいに考えていれば良いでしょう。

2009年2月11日

一部国債ファンドを「損切り」

先日、東京海上の「物価連動国債ファンド」を売却しました。
損失確定のための売却で、「損切り」と言われます。

損失額は-31,527円。

しばらくは日本でデフレ圧力が高まり、このファンドはまだまだ下落が続と判断しての売却です。
しかもこのファンドは償還期限のあるファンドでもあったため見切りました。

2009年2月7日

大音量で音楽を聴いている人に思うこと

自動車やバイクで大音量で音楽をかけている人や、電車内でヘッドホンやイヤホンから漏れるほどの大音量で音楽を聞いている人を見かけるとつい自虐的だな、と思ってしまいます。

「そんなに難聴になりたいのだろうか?」、と。

音を原因とする音響性難聴の原因として次の3つがあります。
  1. 大きな音を聞く。
  2. 長時間にわたって音を聞く。
  3. 周波数が高い音を聞く。
大抵、他人の迷惑をかえりみずに大音量で音楽を聞いている人は上記の3つ全てに当てはまることが多いと思います。
音響性難聴は、内耳にある蝸牛 (かぎゅう) に障害が起こることでかかります。
蝸牛にダメージを受けた場合、聴力は二度と回復しません。
だから、他人の迷惑になるぐらいの音で音楽を聞いている人を見ると「きっとこの人は音楽が嫌いで、早く難聴になりたいんだろうな」、とか「そんなに頑張ってまで難聴になりたいのだろうか?」と思ってしまいます。

音楽が好きで、難聴になりたくないのなら慎みを持ち馬鹿なことはしないことです。
高周波数の音が聞こえなくなってきたら要注意です。
 ※ただし、加齢と共に高周波数の音は次第に聞こえ難くなります。
  また、疲労によっても一時的に高周波数の音が聞こえにくくなります。
特に耳鳴りがしたり、耳がつまる感じなどがあればすぐに耳鼻科を受診しましょう。

2009年2月1日

LinuxでAtherosチップ搭載Wi-Fiカードを使用する

CentOSはRed Hat Enterprise Linux (以下RHEL) を元に商用部分を削除して再構成したLinuxです。

[CentOS]
http://centos.org/

今回はAtheros製チップ搭載Wi-FiカードのNEC「WL54AG」をCentOS 5で動かしてみます。
また、暗号化はWEPではなくWPAを使用してみます。

[WL54AG]
http://121ware.com/product/atermstation/product/warpstar/satellite/wl54ag.html

(1)ドライバのインストール (カーネルパッチ)
まずは、CentOSはAtheros製チップにデフォルトで対応していません。
カーネルパッチとして提供されているドライバを適用しなければなりません。
MadWifiというソフトを導入します。
今回は安定版を使用します。

[MadWifi]
http://madwifi.org/

[MadWifi 安定版ダウンロードサイト]
http://sourceforge.net/projects/madwifi/

私はmadwifi-0.9.4.tar.gzをダウンロードし、gzipやtarで /tmp/madwifi-0.9.4/ に展開しました。
このmadWifiはコンパイルを行う必要があるため、CentOSには事前に開発環境をインストールしておく必要があります。
さて、RHEL系のCentOSはこのままではMadWifiはコンパイルエラーとなってしまいます。
compat.hを書き換えます。

/tmp/madwifi-0.9.4/include/compat.h の139行目から167行目まで削除します。

//////////////////////////////////////////////////
static inline unsigned char *skb_end_pointer(const struct sk_buff *skb)
{
return skb->end;
}

………

static inline void skb_reset_mac_header(struct sk_buff *skb)
{
skb->mac.raw = skb->data;
}
//////////////////////////////////////////////////
※compat.hをviやEmacsなどで開いてこれらの行を削除。

そして削除した行に次の定義文を追加します。

//////////////////////////////////////////////////
#define skb_end_pointer(_skb) ((_skb)->end)
#define skb_tail_pointer(_skb) ((_skb)->tail)
#define skb_set_network_header(_skb, _offset) \
do { (_skb)->nh.raw = (_skb)->data + (_offset); } while (0)
#define skb_reset_network_header(_skb) \
do { (_skb)->nh.raw = (_skb)->data; } while (0)
#define skb_mac_header(_skb) ((_skb)->mac.raw)
#define skb_reset_mac_header(_skb) \
do { (_skb)->mac.raw = (_skb)->data; } while (0)
//////////////////////////////////////////////////
※バックスラッシュ(\)に注意。

後は/tmp/madwifi-0.9.4/で次のコマンドを実行するとカーネルにパッチが適用されWi-Fiカード「WL54AG」が認識できるようになります。
# make
# make install

(2)ネットワークインターフェイスの作成
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ath0 ファイルを作成します。
自動認識でifcfg-wifi0が作成される場合もありますが、Madwifiはath0インターフェイスを使用するようなのでifcfg-ath0を作成します。

//////////////////////////////////////////////////
DEVICE=ath0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=dhcp
HWADDR=
TYPE=Wireless
USERCTL=no
IPV6INIT=no
ESSID=<使用するステーションのESSIDを記入>
MODE=Managed
RATE=Auto
IWPRIV="mode 3 bgscan 0 xr 1 burst 1 ar 1 compression 1"
/////////////////////////////////////
/////////////

・MODE=Managed

 →インフラストラクチャー・モードを明示的に使用します。
・IWPRIV="mode 3 bgscan 0 xr 1 burst 1 ar 1 compression 1"
 →mode … 1は802.11a規格、2は802.11b規格、3は802.11g規格
 →bgscan … 1にするとバックグラウンドでステーションを探します。今回はステーションは固定なので0にします。
 →xr … Atheros製チップの機能「XR」を使用
するときは1にします。
 →burst … Atheros製チップの機能「Super AG」のフレームバースティングを使用するときは1にします。
 →ar … Atheros製チップの機能「Super AG」の無線ネットワーク最適化を使用するときは1にします。
 →compression … Atheros製チップの機能「Super AG」のリアルタイム圧縮を使用するときは1にします。

IWPRIVの「Super AG」についてはcompressionだけを指定すれば良いような気もしますが。。。

(3)ドライバロード定義の追記

/etc/modprobe.conf にMadwifiドライバのロード定義を追記します。
//////////////////////////////////////////////////
alias ath0 ath_pci
options ath_pci countrycode=392 autocreate=sta
//////////////////////////////////////////////////

これでWi-Fiカード「WL54AG」が認識されWEPまでは使用できるようになります。
次はWPAを使用するためwpa_supplicantを設定します。

(4)wpa_supplicant.confの設定
wpa_supplicantはWi-FiのWPAの使用を支援するデーモンです。
まずはパスフレーズからハッシュを生成し、 /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf へ追記します。
# /usr/sbin/wpa_passphrase straypenguin 'パスフレーズ' >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

パスフレーズはステーション側に設定しているWPAのパスフレーズを指定します。
あとは必要なパラメータを追記し、整理します。
//////////////////////////////////////////////////
ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant
ctrl_interface_group=wheel

network={
scan_ssid=0
proto=WPA
key_mgmt=WPA-PSK
pairwise=CCMP TKIP
group=CCMP TKIP
ssid=<ステーションのESSID>
#psk=<パスフレーズ>
psk=<ハッシュされたパスフレーズ>
priority=1
}
//////////////////////////////////////////////////
・proto=WPA
 →WPA か WPA2のどちらを使用するか指定します。
・key_mgmt=WPA-PSK

 →鍵の管理にWPA-PSKを使用することを明示的に指定します。
・pairwise=CCMP TKIP
 →ユニキャスト用に、ASK (CCMP) とTKIPのどちらかを受け入れるか指定します。上記は両方受け入れる設定です。
・group=CCMP TKIP
 →ユニキャスト用に、ASK (CCMP) とTKIPのどちらかを受け入れるか指定します。上記は両方受け入れる設定です。
・ssid=<ステーションのESSID>

 →使用するステーションのESSIDを指定します。
・psk=
 →使用するWPAのパスワードを指定します。平文そのものでも良いですが、ハッシュした値を記載した方が安全です。
・priority=1
 →複数のステーションが使用できるときの優先度を指定します。

(5)wpa_supplicant起動パラメータの設

/etc/sysconfig/wpa_supplicant に設定を書き込みます。
//////////////////////////////////////////////////
# wlan0 and wifi0
# INTERFACES="-iwlan0 -iwifi0"
INTERFACES="-iath0"
# ndiswrapper and prism
# DRIVERS="-Dndiswrapper -Dprism"
DRIVERS="-Dmadwifi"
///////////////////////////////////////
///////////
・INTERFACES="-iath0"
 →ベースデバイスであるwifi0ではなくVAPであるath0を指定します。
・DRIVERS="-Dmadwifi"
 →Madwifiのドライバを使用するように指定します。
  動作しない場合は DRIVERS="-Dwext" を試してみてください。

(6)
wpa_supplicantの起動設定
ifupより前にwpa_supplicantを起動するため起動順番を変更します。
/etc/rc.d/init.d/wpa_supplicant の5行目を次のように変更します。
//////////////////////////////////////////////////
# chkconfig: 2345 09 88
//////////////////////////////////////////////////

wpa_supplicantのデーモンの自動起動をONにします。
# chkconfig wpa_supplicant on

再起動してみます。

これでCentOSでも無線LANが使用できるようになりました。
なお、DNS設定をお忘れなく。

気をつけなければならない点は、カーネルのアップデートを行うとカーネルパッチとして提供されているMadWifiのドライバが使えなくなってしまう点です。
再度、madWifiの「make」と「make install」を行うことで利用可能になります。