2010年4月25日

玄関の錠を交換してみました

長いこと自分の中で懸案だった玄関の錠の交換を行いました。

交換後の錠 : AGENT GMD-500

交換用のAGENT GMD-500をホームセンターで購入し、現在の錠を取り外して交換しました。
もちろん、交換前の錠のメーカーと型番を確認し、交換可能なことを確認しています。
自分で交換しましたが、難しい作業はなく90分程度で交換作業は完了しました。
このGMD-500はピッキングに強い鍵の表面に深さや大きさの異なるくぼみで識別するディンプルキーを採用しています。
また、鍵はリバーシブルタイプなので、鍵の上下を気にすることなくスムーズな開錠が可能です。

今までの錠はピッキングに弱いタイプでしたが、錠を交換することでアパートの防犯能力が向上しました。
まあ、盗まれるような高級品や通帳はアパートに置いていないですけどね。

2010年4月4日

マインドマップで家計支援システムを作図してみました

マインドマップで家計を支える各種サービスを体系化してみました。
EasyStepを使用し、イメージタイプはFlats (フラッツ) を選択しています。

[EasyStep]
http://www.easystep.jp/



こうしてみると、保険分野と証券分野の広がりが大きいことが分かります。
保険分野と投資・投機分野は勉強が必要、または専門家からのアドバイスが必要と言えます。

また、電子マネー、ポイントシステム、クレジットカードは密接に連携していることが見て取れます。
電子マネーは一通り載せましたが、今後は淘汰が進みそうです。
なお、ポイントシステムは2大共通ポイントサービスの「Tポイント」と「Ponta」、そして「マイレージ」と「その他」にしました。
クレジットカードは3大国際ブランドを載せました。

ほとんどの方が口座を持っているであろう銀行・信金はそれほど広がりがありません。
銀行の金利を比較しても差は1%以下であり、預貯金の機能としてはどの銀行も差別化は出来ていません。
利用者はATMや振込手数料、地域性、経営の安定性を比較して選択していくことになりますが、ペイオフラインの1,000万円以下であれば、どの銀行もそれほどかわらないということです。

この図が皆さんの参考になれば幸いです。