2011年11月13日

珍しく、携帯電話に架空請求メールが届きました

珍しく、携帯電話に架空請求メールが届きました。
あまりに稚拙で笑える内容だったため、ブログ上に晒してつっこんでみます。
同様のメールを受信した方は、届いたメールを無視しましょう。
届いたメールは以下のメールです。(原文のまま)

--------------------------------
From: ×.××××@docomo.ne.jp
件名:
To: <携帯のメールアドレス>


(株)リバティ総合調査【03-3409ー1517】

担当の藤田と申します。

この度、お客様の携帯電話が迷惑メール拒否の設定をされている為、サイト運営会社から再三の催促のメールが届かないということで弊社が依頼を受けまして、ご連絡をさせていただきました。

お客様がご使用中の携帯電話の端末認証記録により、(有料複合サイト)の利用《着メロ・天気・懸賞・ニュース・ギャンブル・出会い・動画》等のコンテンツの登録があり、月額料金等の長期滞納が続いてるとの事です。

今後も不当に未払いを続ける悪質なサイト登録者には[利用規約]に基づき携帯個体識別番号から追跡し、お客様の身元調査をおこない、損害賠償等を求める民事訴訟(民事裁判)となります。

通信記録という証拠を提出したうえの裁判であるため、誤っての登録であっても支払い命令が下されます。

訴訟差し止め、退会処理希望の方は本日中に大至急ご連絡下さい。

(株)リバティ総合調査
TEL 03-3409-1517
担当 藤田
受付時間
平日 9時~19時迄
土曜日 日曜 祝日は休日となります。
※メールでの返答には対応できませんので、ご了承下さい。
--------------------------------

  1. 携帯電話課金のサイト運営会社から催促の電子メールを送ることはない。
  2. 迷惑メール拒否の設定の有無をサイト運営会社が知ることはできない。
  3. コンテンツの登録と結びついた携帯電話の「端末認証記録」なるものは存在しない。
    あっても端末のSIM情報で、記録ではない。
  4. 「携帯個体識別番号から追跡し、お客様の身元調査をおこない」…裁判所命令が必要になるため、訴訟がないと追跡や身元調査はできない。 (通信事業者が開示しない)
    また、訴訟があるならば裁判所から本物の通知が郵送されてくる。
  5. 「通信記録という証拠を提出したうえの裁判であるため」…存在しない通信記録を、出せるものなら出してみてください (笑) 。
    また、通信記録と携帯電話を紐付けること (通信記録が証拠として採用されるのに必要な処理) が架空請求業者ごときに出来るとでも?
  6. 「誤っての登録であっても支払い命令が下されます。」…裁判手続きをご存じないようですね (笑) 。
    また、裁判の内容が確定しているかのようになぜ話せるのですか?
  7. 「訴訟差し止め、退会処理希望の方は本日中に大至急ご連絡下さい。」…訴えてもいない訴訟を差し止めるだなど (笑) 。しかも、支払いの話ではなく「退会処理希望」の話になっており、主張がずれている。
  8. 「※メールでの返答には対応できませんので、ご了承下さい。」…対応できないならメールで送るなよ (笑) 。

あまりにもつっこみどころが多すぎて追いつきません。
とりあえず、関係省庁とdocomoに連絡を取り対応は完了しています。

この手の架空請求メールに引っかからないよう、気を付けましょう。

<架空請求業者へ>
携帯電話課金コンテンツを利用していませんので、架空請求メールは無駄ですよ。
(潰れろ、架空請求業者)

2011年11月12日

珍しく、携帯電話に迷惑メールが届きました

珍しく、携帯電話に迷惑メールが届きました。
返信してつっこむのは相手業者の思うつぼなので、ブログ上に晒してつっこんでみます。
同様のメールを受信した方は、届いたメールを無視しましょう。
届いたメールは以下のメールです。

--------------------------------
From: ×-×-×-×@docomo.ne.jp
件名:
To: <携帯のメールアドレス>


このメールちゃんと届いてるのかな!?
心配だなぁ…゜(ノД`゜)☆

メアド変更したから登録よろしくです(*・∀-)☆
××××_×××××@docomo.ne.jp
--------------------------------

  1. 知らないメールアドレスから届いている。
  2. 誰なのか名乗っていない。
  3. メールアドレスを変更したのに、変更後のメールアドレスから送信されていない。
  4. 「このメールちゃんと届いてるのかな!?  心配だなぁ…」は相手に届かないと意味をなさない文。つまり相手の興味を引くため、恣意的に入れた文。
以上の4つから、迷惑メールと判断できます。

FromとToが一対一で送信されたメールで、なりまし防止機能も通過しているので、なかなかコストを掛けた迷惑メールです。
しかも、誘導したいWebサイトの記載もないため、このメールだけで携帯電話事業者が遮断するのは難しい、巧妙なものです。
この場合、返信した人に対して有料Webサービス (出会い系SNS等) への誘導、ぼったくり店舗への誘い出し、テレアポイトメント商法等の行為への発展が予想されます。

この手の迷惑メールに引っかからないよう、気を付けましょう。


<迷惑メール業者へ>
小生は登録のないメールアドレスからの電子メールは無視するため、迷惑メールは無駄ですよ。
(潰れろ、迷惑メール業者)