2011年6月18日

OpenOffice.orgとLibreOfficeは再び統合できるか?

2011年6月1日にOracle社はOpenOffice.orgを非営利団体のApache Software Foundation (ASF) に寄贈する計画を発表しました。

[米Oracle、OpenOffice.orgをApache Software Foundationに寄贈すると発表 - SourceForge.JP]
http://sourceforge.jp/magazine/11/06/02/0328241

OpenOffice.orgはオープンソースのオフィススイートで、Sun Microsystems社が諸権利を持っていました。
Oracle社はSun Microsystems社を買収した結果としてOpenOffice.orgを手に入れました。
OpenOffice.orgのコミュニティはOracle社に懸念を示し、結果的に分裂しました。
その結果できた組織がThe Document Foundation (TDF) で、開発が継続されたオープンソースのオフィススイートがLibreOfficeです。
主要なLinuxディストリビューションはLibreOfficeの方を支持しています。

[The Document Foundation]
http://www.documentfoundation.org/

[LibreOffice]
http://ja.libreoffice.org/

OpenOffice.org 3.4では日本語翻訳は日本のコミュニティでは行われる見込みがありません。

[OpenOffice.org 3.4の 日本語への翻訳はjaでは行いません - OpenOffice.org]
http://openoffice.org/projects/ja/lists/discuss/archive/2011-04/message/1

2011年6月3日にLibreOffice 3.4がリリースされています。
私は現在、オフィススイートをOpenOffice.orgからLibreOffice (Ver. 3.4) に変更しています。
LibreOffice 3.4

Oracle社がOpenOffice.orgを手放すことを発表したため、今後のOpenOffice.orgの動向に注目しています。
Oracle社がThe Document Foundationではなく Apache Software Foundation へ寄贈する理由も気になります。
完全に終焉を迎えたOpenSolarisプロジェクトよりはましな動きですが…。
なお、Oracle社は2011年4月15日にOpenOffice.orgの開発と商用版の販売を打ち切り、開発をコミュニティに移管することを発表しています。
OpenOffice.orgとLibreOfficeが統合されることが理想的ですが、Apache Software FoundationとThe Document Foundationが採用しているライセンスの差異も影響するため当分先になりそうです。

The Document FoundationがApache Software Foundationに組み込まれるか、OpenOffice.orgがApache Software FoundationからThe Document Foundationへ移管されるか、はたまた分裂したままになるか…。
個人的には、Apache Software FoundationからThe Document Foundationへ移管されるのがコミュニティの混乱もライセンスの変遷も少なくて良いと考えています。

2011年6月11日

コナカからはもう買わない!

神奈川県内のコナカからツーパンツスーツを2年前に購入しましたが、2年間でツーパンツともにぼろぼろになり使用できなくなりました。
結構な値段のスーツだったのに…。

以前、コナカ東京八重洲店で購入したリクルートスーツはリーズナブルな値段でありながら4年も使用できました。
しかし、店舗の差なのか神奈川県内の店舗で購入したスーツはどれも値段の割に品質が良くありませんでした。
それに、フォーマルスーツでベント (背広の切り込み) が入っているスーツを勧めるのは紳士服店としていかがなものかと。
がっかりです。

これならオーダースーツの方が良いです。
昨年度、オーダースーツを購入しましたが価格・品質ともに申し分ありません。
コナカから購入するのは、もうやめにします。