2011年7月24日

地上アナログ放送が44都道府県で放送終了

本日の正午、地上アナログ放送が東日本大震災の被災地を除く44都道府県で放送終了しました。


[地上デジタルテレビ放送のご案内 - 総務省]
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/dtv/index.html

ラジオ放送は続けられるため、テレビが見られなくても特に不便が生じるとは思えず、影響は限定的 (実際、大きな混乱は起こっていない) であり今回の放送終了による一部の混乱はすぐに終息することでしょう。
私は、個人的には地デジへの切り替えは以下の理由から賛成 (B-CASカード以外) であり、空いた電波帯域の活用がこれから進むかが気になります。
  • 電波の効率的利用
  • 空いたVHF帯を用いた新サービス (携帯端末向けマルチメディア放送) 開始による産業振興
ただ、地デジを見ようとした場合または録画する場合の以下の問題はこれから不便が生じる可能性があり、総務省や地方自治体がサポートをいつまで継続するのか? が気になるところです。
  • 東京タワーに代わる新電波塔のスカイツリーが2011年12月まで完成しない
    →関東圏ではスカイツリー完成後ににアンテナの向きを調整しないといけない利用者がでる
  • 東日本大震災の被災地である岩手・宮城・福島3県におけるアナログ放送終了が2012年3月まで延期されたこと
  • ダビング10 (コピー9回+ムーブ1回) による録画制御は孫コピーを認めていないため、HD DVDのようにメディア規格の衰退・廃止によってコピー自体が困難になり得る
ダビング10については将来的な課題として残りそうですが、少なくと総務省や地方自治体は1年後の2012年7月末まで今の地デジサポートを続けるべきです。

2011年7月18日

ポケットコイル・マットレス・ベッドを買いました

今、私が住んでいるアパートの部屋は和室です。
そのため畳の上に布団を敷いて寝ていましたが、寝心地を考えるとやっぱりベッドがいいためベッドを買うことにしました。

折り畳み式のベッドも考えたのですが、価格や寝心地を考えてポケットコイル・マットレス・ベッドにしました。
脚のサイズ標準15cmをオプションの22cmにしているため合計で18,000円程度かかりました。
脚を「ナチュラル」 (木製) で注文したのですが、少し傷があったりと加工がありまり良くなかった点は残念です。
もし購入する方がいた場合は「シルバーグレイ」 (金属製) の脚を選ぶ方がよいかもしれません。
以下は設置した時の室内の写真です。
購入したポケットコイル・マットレス・ベッド
サイズはセミダブルですが、しかし…でかい。
似たようなサイズの本棚を入れたことがあったため、事前にサイズから想定して大丈夫だろうと考えていましたが、搬入は苦労しました。

重量もかなりあります。
西濃運輸の担当者が搬入を手伝ってくれたため、短時間に運び込むことが出来ました。
(西濃運輸の担当者の方、ありがとうございました)
 このベッドの上にデンマークのDanfill (ダンフィル) 社の天然防虫ドライウォーターベッド (敷布団) を敷いて寝ています。
しっかりとしたポケットコイル・マットレス上のため、寝心地は快適です。

人生の1/3は睡眠です。
より快適な睡眠を追求したいものです。

2011年7月10日

自転車のサドルが交換されている!?

今日は急遽、休日出勤になったため駅まで自転車で行き、無料駐輪場へ自転車を止めて会社へ向かいました。
そして帰ってきて自転車を取りに行くと違和感が…

自転車のサドルが交換されている!?

なんで?  なぜ?  まったく理解できない!
盗まれているのではなく、交換されているのです。


今後は、サドルと自転車の間をワイヤー錠で取れないようにするのが良さそうです。
やれやれ。