2010年7月31日

CMAMとeMAXISとSTAMを比較してみました (2010年7月)

2010年7月30日よりSTAMインデックスシリーズの信託報酬率が引き下げられました。

[住信アセットマネジメント - STAMインデックスシリーズの信託報酬率引き下げ等について]
http://www.sumishinam.co.jp/common/cms/whatsnew/390.pdf

信託報酬率の引き下げは以下の通り。
  • [国内株式] 「 STAM TOPIXインデックス・オープン」 税込0.483% → 税込0.4725%
  • [先進国株式] 「 STAM グローバル株式インデックス・オープン」 税込0.777% → 税込0.63%
  • [新興国株式] 「 STAM 新興国株式インデックス・オープン」 税込0.8715% → 税込0.6825%
  • [国内債券] 「STAM 国内債券インデックス・オープン」 税込0.462% → 税込0.42%
  • [先進国債券] 「STAM グローバル債券インデックス・オープン」 税込0.672% → 税込0.5775%
  • [新興国債券] 「STAM 新興国債券インデックス・オープン」 税込0.7560% → 税込0.63%
  • [国内REIT] 「STAM J-REITインデックス・オープン」 税込0.672% → 税込0.525%
  • [外国REIT] 「STAM グローバルREITインデックス・オープン」 税込0.861% → 税込0.6825%
  • [バランス] 「世界経済インデックスファンド」 税込0.714% → 税込0.63%
また、日経225タイプのファンド「STAM 日経225インデックス・オープン」が追加されました。
以下の記事でCMAMとeMAXISとSTAMを比較していますが、信託報酬率が引き下げ踏まえ再度比較してみました。

[Skygear - CMAMとeMAXISとSTAMを比較してみました (2010年6月)]
http://skygear.blogspot.com/2010/06/cmamemaxisstam.html


インデックス CMAM(TF) CMAM(PR) eMAXIS(TF) eMAXIS(PR) STAM(TF) STAM(PR) ETF(TF)
日経225 -- -- 0.42% 0.0% 0.42% 0.0% 0.252% (野村:1321)
TOPIX 0.3885% 0.0% 0.42% 0.0% 0.4725% 0.05% 0.252% (野村:1306)
国内REIT -- -- 0.42% 0.3% 0.525% 0.05% 0.336% (野村:1343)
国内債券 0.3885% 0.0% 0.42% 0.0% 0.42% 0.05% --
先進国株式 0.525% 0.0% 0.63% 0.0% 0.63% 0.05% 0.2625% (日興:1680)
先進国REIT -- -- 0.63% 0.3% 0.6825% 0.05% --
先進国債券 0.525% 0.0% 0.63% 0.0% 0.5775% 0.05% 0.2625% (日興:1677)
新興国株式 -- -- 0.63% 0.3% 0.6825% 0.3% 0.2625% (日興:1681)
新興国債券 -- -- -- -- 0.63% 0.3% 0.60% (外国:EMB)

TF (Trust Fee):信託報酬
PR (Partical Redemption charge):信託財産留保額

参考として、国内市場に出ているETFの運用会社と証券コードも載せています。
投資信託のみで資産運用を行う場合の各インデックスの購入先を検討してみました。
  • 日経255 … eMAXIS & STAM
  • TOPIX … CMAM
  • 国内REIT … eMAXIS & STAM
  • 国内債券 … CMAM
  • 先進国株式 … CMAM
  • 先進国REIT … eMAXIS & STAM
  • 先進国債券 … CMAM
  • 新興国株式 … eMAXIS
  • 新興国債券 … STAM
日経255にSTAMが加わった程度で前回とほとんど変わりありません。
まだ、CMAMやeMAXISの方が信託報酬率の低さで勝るケースが多いようです。
また、ETFや国債現物を含めて検討すると以下のようになりました。
  • 日経255 … ETF (野村:1321など)
  • TOPIX … ETF (野村:1306など)
  • 国内REIT … ETF (野村:1343など)
  • 国内債券 … 国債現物 & CMAM
  • 先進国株式 … ETF (日興:1680やTOK)
  • 先進国REIT … eMAXIS & STAM
  • 先進国債券 … CMAM
  • 新興国株式 … ETF (日興:1681やVWO)
  • 新興国債券 … STAM
こちらは前回と変わりありません。
今後は、2012年4月1日に予定されている中央三井トラスト・ホールディングスと住友信託銀行のグループ統合による投資信託の統廃合に注目したいところです。

何はともあれ、信託報酬率が下がることは利用者として良いことです。

★2010年9月19日 Update!
[CMAMとeMAXISとSTAMを比較してみました (2010年9月) - Skygear]
http://skygear.blogspot.com/2010/09/cmamemaxisstam-20109.html

2010年7月10日

2010年参議院選挙とボートマッチ

2010/07/11(日)は2010年参議院選挙の投票日です。
最近は様々なサイトでボートマッチ (有権者と政党の考え方の一致度を測定できるサービス) が行えるので、以前と比べて政策の比較は格段に便利になりました。
以下のサイトがあります。

[読売新聞 - 日本語版ボートマッチ]
http://vote.yomiuri.co.jp/

[毎日新聞 - 毎日ボートマッチ(えらぼーと)]
http://mainichi.jp/select/seiji/eravote/

[朝日新聞 - 政策・政治スタンス]
http://www2.asahi.com/senkyo2010/kouho/

[日経新聞 - 政策アンケート特別版]
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100707/215316/

ただ、結果はそれぞれのサイトでバラバラになりました。
それぞれの政党のマニュフェストを元にマッチングを行うサイト、候補者のアンケート結果から政党のマッチングを行うサイトなど方法がまちまちのため結果に差異が出るようです。
そもそも同じ政党の候補者でも考えが違うこともあるでしょうから。

ただ、ボートマッチによってそれぞれの政党の傾向をつかむことは出来たので、あとはピックアップした政党のマニュフェストを確認した上で投票したいと思います。