2012年11月25日

コーヒーとミルクの比率と種類

カフェオレとカフェモカなど、コーヒーとミルクの比率による名称の違いがよく分からなかったので、調べてみました。
以下にまとめてみます。

  • ドリップ式抽出
    挽いたコーヒー豆を煮出して濾過する方法
    • コーヒー
          * コーヒー …………100%
    • カフェオレ
          * ミルク …………… 50%
          * コーヒー ………… 50%
  • エスプレッソ式抽出
    マキネッタという専用の器具を用いて、深煎りの微細に挽いたコーヒー豆を9気圧の圧力と約90℃の湯温で20から25秒の抽出時間で約1オンス(30ml)のコーヒーを抽出する方法
    • エスプレッソ
          * エスプレッソ ……100%
    • カフェラテ
          * スチームミルク … 80%
          * エスプレッソ …… 20%
    • カフェアメリカーノ
          * お湯 …………… 80%
          * エスプレッソ …… 20%
    • カプチーノ
          * シナモン ………… 少々
          * フォームミルク … 40%
          * スチームミルク … 30%
          * エスプレッソ …… 30%
    • カフェマキアート
          * スチームミルク … 40%
          * エスプレッソ …… 60%
    • カフェモカ
          * モカシロップ …… 10%
          * スチームミルク … 70%
          * エスプレッソ …… 20%
「カフェオレ」がドリップ抽出式で泡がないタイプ、「カフェラテ」がエスプレッソ抽出式で泡(スチームミルク)が比較的に多めのタイプ、「カフェマキアート」がエスプレッソ抽出式で泡(スチームミルク)が比較的に少なめのタイプ、といったところのようです。

0 件のコメント: