2006年1月21日

ライブドア不正会計容疑に思うこと

Windows Live Mail β版を試してみましたが、IE以外ではまだ利用できませんでした。
2GBの容量になっても、容量確認の表示がなかったので、実感もありませんでした。
しかも、表示速度は満足のいく速度ではありませんね。
FreePOPsも通らなくなるみたいだったので、結局、元に戻しちゃいました。
当面、利用は控えて、本サービス開始まで待ちます。


閑話休題。


ライブドア社が不正会計容疑で騒がれているようです。
東京地検特捜部の捜査が入った後で、提携も次々と解約され、株価も低迷中とか。
少なくとも、容疑が事実なら、経営者は法的な責任だけでなく、経営責任もとらなければならないでしょう。
事実でなくとも、容疑となるような商慣行を行った責任はあります。
社長以下、経営者の進退に関わってくると思います。
ただ、ライブドア社は、例え上場廃止になっても社長のワンマン企業でなければ、会社規模を縮小しての継続は可能と思われます。
最悪、買収される(楽天あたりに?)ことで維持し、再上場も可能性は0ではないでしょう。
楽天も問題と思われること(ポイントや個人情報取り扱いなど)が多いですが…。

ニュースで、「悪いことをしている人はもっと他にもいるのに」と発言している人もいましたが、その発言はおかしいでしょう?
例えば、あなたが殺害されそうになったときに、警察などが「他に悪いことをしている人がいますので」と放置するようなことをして問題がないと思いますか?
それに、「悪いことをしている人は他にもいる」という明確な事実を知っているのであれば、告発するべきです。

0 件のコメント: