2005年7月14日

ブランドと「名付ける」ということ

携帯電話三社のブランドの由来をちょっと書いてみる。

「au」… 「a」は Access、Always、Amenity、「u」は Unique、Universal、User
「Vodafone」… 「vo」は Voice、「da」は data、「fone」は phone の造語
「Docomo」… Do Communications Over The Mobile Network

ちなみに、「FOMA」… Freedom Of Mobile multimedia Access である。

ブランドや名前は名付けた人達の願いや思いがこもっていると思う。
近年はグローバリゼーションが叫ばれ、英語名称が増えたが、ブランド力を高めたいといった企業の声も多い。
Livedoor などはその一つだし、 SONY は昔からブランド意識は強く、社名を「東京通信工業株式会社」から変更したぐらいだ。
なお、「SONY」はラテン語で「音」の意味の「SONUS」と親しみを込めた意味で使う「坊や」の意味の「SONNY」の造語である。

何かに名付けるときは、やっぱり悩んでしまうものだ。
自分の名前は祖母が付けたものだが、気に入っている。
名付けるときは、やっぱりすごく悩んでくれたのだろうか?
そんな祖母に感謝したい。

0 件のコメント: