2014年6月22日

「液体ハミガキ」と「洗口液」の違い

メーカーが「デンタルリンス」と呼んでいる製品には、「液体ハミガキ」と「洗口液」の2種類があります。

しかし、メーカーによって「デンタルリンス」や「デンタルウォッシュ」の表記だったり、「デンタルリンス」=「洗口液」だったり「デンタルリンス」=「液体ハミガキ」だったりと表記がばらばらで、ややこしいこと、この上ないです。

ただし、「液体ハミガキ」と「洗口液」の表記だけは統一されていますので、その違いをまとめます。


  • 液体ハミガキ
    口に含んですすいだ後、歯ブラシでブラッシングします。
    練ハミガキの代わりとして使えますが、通常、清掃剤 (研磨剤) は入っていません。
    歯垢や歯の着色を除去するには清掃剤 (研磨剤) 入りの練りハミガキを使う必要があります。
  • 洗口液
    歯ブラシを使わずに口に含んですすぐだけで、口臭の防止や口中の浄化等を行うものです。
    練ハミガキの代わりには使えません。
    日常の歯みがきは別途、行う必要があります。


販売されているパッケージの形状は同じなのに、用途は全く異なります。

パッケージの裏を見て、「液体ハミガキ」なのか「洗口液」なのかをちゃんと判別しないと、間違った用途に使ってしまいそうですね。

0 件のコメント: