2012年3月31日

MCITP(Windows Server 2008対応資格)取得に向けて

Windows Server 2008対応のMCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)資格の1つであるMCITP取得に向けてアップグレード試験のMCP試験 70-648 (TS:Upgrading Your MCSA on Windows Server 2003 to Windows Server 2008, Technology Specialist) に合格しました。
この合格により、とりあえず、以下の2レコードを取得しました。
  • MCP試験 70-640 (TS: Windows Server 2008 Active Directory, Configuring)
  • MCP試験 70-642 (TS: Windows Server 2008 Network Infrastructure, Configuring) 
あとは、MCP試験 70-646 (PRO: Windows Server 2008, Server Administrator) の試験に合格すると、「MCITP: サーバーアドミニストレーター」というWindows Server 2008対応資格に認定されます。
「MCITP: サーバーアドミニストレーター」は、以前に取得した「MCSA (マイクロソフト認定システム アドミニストレータ) : Messaging on Microsoft Windows Server 2003」からのアップグレード資格です。

[Windows Server 2008対応の新認定資格]
http://www.microsoft.com/ja-jp/learning/mcp/newgen/windowsserver2008.aspx

[MCSA取得 - Skygear]
http://skygear.blogspot.jp/2008/08/mcsa.html

しかし、70-648は試験自体も難しかったし、お金もかかった…。
70-648は、1回の試験で70-640及び70-642の試験内容を2つのセッションに分けて受験します。
2つのセッションのうち、どちらかが悪ければそれだけで不合格になります。
また、受験料金も1回15,750円 (税抜: 15,000円) で、会社 (事業部) は「資格試験を受けろ!」と言うのに受験料は出さないという態度のため、なかなか資金繰りも大変です。

2012年の後半には時期Windows Serverのリリースも予定されており、いい加減にWindows Server 2008に対応した資格へのアップグレードははたしたいと考えています。

ただ、Windows (MCPのOS系) とLinux (LPIC) 以外のベンダー資格は、必要性を感じなくなっているため新資格にアップグレードせず、更新しない方向で検討したいと思います。

0 件のコメント: