2008年12月21日

不動産の訪問販売員が来た

Cli○マンションを展開している会社の訪問販売員みたいな人が来ました。
マンション分譲大手9社のうちの一社です。
まあ、大手のうちの一社であるダイア建設は昨日、民事再生法を申請しましたけど。

第一声から「必要ない」、「興味ない」、「いらない」と言葉を浴びせましたが、食い下がってきました。
がんばるねぇと思いつつも表情を和らげず、冷たい視線を浴びせながら必要ない旨を伝えていきます。

そしてようやく訪問販売員が立ち去ろうとしましたが、その時にこんな質問をしてみました。
「不動産業界は今、大変か?」
しかし、その答えはなんと
「大変ではないですよ、立地にもよりますが売れるところは売れています。」
でした。
おそらく、投資目的の顧客を意識した発言でしょう。
IR情報をみると大幅な減収が続いて株価も夏の半値以下になっている会社なので、苦しくないはずはないのですが。
そんな嘘をつき、有益な情報も出せず、休日の時間を奪う訪問販売員のいる会社ですから苦境も仕方がないとも思います。

まあ、入り口には「セールス勧誘お断り」とあるところに、苦しくもない (自称) 会社の訪問販売員が来たわけです。
もう、容赦はいりません。
この嘘つきに、ここに来ても良いことはないという事実を知らしめなければなりません。
「入り口に"セールス勧誘お断り"とあるが、読んだのか?」
と問い詰めてあげました。
………

ちなみに、宗教勧誘の場合は即座に一言断って扉を閉めるのがベストです。
宗教勧誘は信仰から行っているので何度も来ます。
話をするだけ無駄ですから。

2 件のコメント:

美ヶ原 さんのコメント...

勧誘も大変そうですね。
コメントが遅いと、怒らないで下さいね(笑)
私も、以前「墓石」「仏壇」の勧誘電話にあった事があります。

当時20代だった私には、買う予定もなければ、興味もありません。
思わず、まだ20代ですので…と丁寧に断りました…が
また同じ所から、別の人間なのか…同じ勧誘電話がきました。
あまりにもしつこかったので
「死ぬ予定ありませんから!」と…
こちらから通話を切りました。

そんな話を思い出しましたww

空野歯車 さんのコメント...

美ヶ原さん、こんばんは。

勧誘電話も迷惑ですよね。
日本政府が勧誘電話遮断システムを立ち上げてそこに電話番号を登録できるようにしてくれればいいのですが。

> 「死ぬ予定ありませんから!」と…
それ、いただきです (笑)
機会があったら使ってみます!