2005年8月16日

終戦記念日

8月15日は終戦記念日である。

よく間違っている人がいるが、1945年8月15日は、戦争が終わった日ではない。
国民と陸海軍に、ポツダム宣言の受諾と降伏の決定が伝えられた日である。
なお、当時、空軍はない。

軍への正式な停戦命令は8月16日、そしてポツダム宣言の正式受諾は1945年9月2日に戦艦ミズーリ号の艦上で行われた。
国際法上の戦争終結はサンランシスコ平和条約が発効した1952年4月28日が正式な終結の日である。
なお、ポツダム宣言という無条件降伏勧告は、過去に類を見ない内容であり、その結果戦争が延びたとする説もある。

この日を最後とする1~2週間は、国民があの戦争と向き合い考える期間である。
閣議決定では、8月15日は、「戦歿者を追悼し平和を祈念する日」である。
戦争、よくない。

0 件のコメント: