2015年9月30日

ちょっと変わった迷惑メールが届きました (2015年9月)

今月末、ちょっと変わった迷惑メールが届きました。
同様の電子メールを受信した方は、届いた電子メールを無視しましょう。
届いた電子メールは以下の内容です。
(間違ってURLを開いたりしないよう、原文の一部をマスクしています)
【迷惑メールの内容】
--------------------------------
From: sppemjlev6tyy@i.softbank.jp
件名:個人情報の不正な保管と流出の可能性に関するお知らせ(春日) 
詳細は以下より確認して下さい。

http://q91g.net/lp/09290911/?<<識別コード>>
#################

●参考資料

個人が情報漏洩を防ぐための8ヵ条があります。
1つでも該当する場合、あなたの大事な個人情報が危険にさらされている可能性が大きくなります。
個人情報漏洩につながる要因は1つ残らず対策していきましょう。

(1)電子メールやFAXを送る前に宛先を確認していない

電子メールやFAXの送り先を間違えたまま送ってしまうと、まったく知らない人に情報が漏洩してしまいます。
送る際には必ず宛先を確認するクセをつけましょう。

(2)個人情報が含まれている書類をシュレッダーなどで廃棄していない

個人情報が記載された書類などをそのままゴミ箱に捨てるのはNGです。
あなたのアドレス(<<受信電子メールアドレス>>)が含まれているかもしれません。
ゴミとして捨てられた書類から個人情報が漏洩する危険性があります。

(3)職場から個人情報を持ち出している

原則的に、個人情報や業務情報をUSBメモリなどの記録媒体に保存し、職場から勝手に持ち出すべきではありません。
記録媒体を紛失や盗難によって持ち出した情報が漏洩する可能性があります。
個人情報の持ち出しは、職場のルールに従った手順であってもできれば避けるべきです。

(4)安全確認の取れていないWebサイト上で個人情報を入力

インターネット上には金融機関やオークションサイト、SNSサイトを装ったフィッシングサイトが存在します。
個人情報を入力する際は細心の注意が必要です。
偽のサイトに誘導され、そこでID●パスワードなどを入力してしまうと、情報漏洩を引き起こす可能性があります。

(5)定期的にパスワードを変更していない

各種サービスの利用で必要となるパスワードですが、単純なものを設定するのはNGです。
第三者に容易に推測されて盗まれ、さらには悪用される可能性もあります。
複雑なものに設定するとともに定期的に変更しなければなりません。
また、職場などで離席するときはパソコンにパスワードロックをかけることも忘れないようにしましょう。

(6)ファイル共有ソフトを利用している

個人情報が入っているパソコンで Winny や Share、BitTorrent、Perfect Dark といったファイル共有ソフトを利用すると、ウィルスに感染することがあり、実際にそういった事件も起きています。
また、誤操作によっても情報漏洩が発生する可能性があるため、ファイル交換ソフトは利用しないのが賢明です。

(7)セキュリティソフトを導入●更新していない

セキュリティソフトを導入していなければ、当然悪意のあるプログラムの被害に遭うリスクが高まります。
IDやパスワード、クレジットカード番号等の情報が盗まれ、金銭的被害を受ける場合もあります。
さらに、感染したパソコンから他人のパソコンに被害が拡大するなど、自分が加害者になることもあり得ます。

またセキュリティソフトを導入していたとしても、常に最新の状態に更新しておかないと新種のウィルスに対応できない場合もあるので注意しましょう。

(8)公共の場で個人情報を含む会話をする

電車やバス、エレベーター、レストラン、飲食店など、不特定多数の人が集まる公共の場で個人情報を含んだ会話をすると、そこから情報が漏洩する危険性があります。会話に暗号はかけられないため、個人情報を漏らさないよう常に意識することが大切です。
携帯電話での会話は周囲への注意が散漫になりがちなので、特に気をつけなければなりません。

2015年09月30日 春日 記
--------------------------------
一番はじめのURLを開くように誘導している悪質な迷惑メールです。
ドメインを分析すると、とあるポルノサイトへ誘導しているようです。

とりあえず、関係省庁とソフトバンクに連絡を取り対応は完了しています。
この手の迷惑メールに引っかからないよう、気を付けましょう。

0 件のコメント: