2014年1月30日

また、携帯電話に架空請求メールが届きました (2014年01月)

先日の2014年1月27日に、約半年ぶりに携帯電話へ架空請求メールが届きました。

[珍しく、携帯電話に架空請求メールが届きました (2013年06月) - Skygear]
https://skygear.blogspot.jp/2013/06/201306.html

2011年と2013年6月に届いた架空請求メールとテンプレートが一緒なので、内容を読まなくても、すぐに架空請求メールと分かります。
稚拙で笑えるメールです。
同様のメールを受信した方は、届いたメールを無視しましょう。
届いたメールは以下のメールです。(原文のまま)

--------------------------------
From:asa-rs038@docomo.ne.jp
To: <携帯のメールアドレス>
件名:<件名無し>

□朝日リサーチサービス□

弊社はサイト運営会社より依頼を受け、料金滞納者様の調査などを行っております。
現在、お客様がご使用の携帯端末より以前ご登録された[モバイル情報コンテンツ]の管理会社様より弊社に[身辺調査依頼]が入りましたのでご報告させて頂きます。
【※スマートフォンに切り替えされた方は特にご注意ください】

携帯電話の接続記録により、【有料総合サイト(着メロ・天気・交通情報・ニュース・占い・アプリ・動画・出会い等)】の無料期間中での登録があり、退会処理が行われてない為、月額料金が長期滞納になってしまっていたとの事です。
今後は、個体識別番号などから身元情報開示の上、損害賠償等を求める民事裁判(少額訴訟)の手続きを行うとのことです。
サイト運営会社が登録の接続記録という証拠を提出した上での裁判であるため、誤っての登録であっても支払い判決が下される恐れがあります。
裁判差し止めを、ご希望されるお考えが御座いましたら、本日中に必ず担当までご連絡下さい。

〓ほとんどの場合、現段階での和解措置が可能であると思われましたので以上の手続きに入る前にご一報差し上げた次第です。〓

このメールは該当するお客様に同一の内容を記載させて頂いております。ご利用になられたサイト、延滞の状況はお客様によって異なりますので、退会又は和解手続き、詳細の確認、ご相談等をご希望のお客様は、お手数ですが、顧客担当者まで必ずお電話でお問い合わせ下さい。
尚、本通知は最終通告となります。
ご連絡頂けない場合は上記の法的手続きとなります

※メールでの返答には対応できませんので、ご了承下さい※

□朝日リサーチサービス□
[TEL]03-4477-2842
[担当]丸山 諒太(D‐37)
[受付]月曜日~金曜日9時~18時
[定休日]土曜日・日曜日・祝祭日
[住所]〒105-0005 東京都港区虎ノ門1丁目 1-14 8階
--------------------------------

  1. 「個体識別番号などから身元情報開示の上」…2011年、2013年6月の時と同じ、決まり文句のようです。
    いつも思うのですが、存在しない「個体識別番号」とは何から発想を得た名前なのでしょうね。
    裁判所命令が必要になるため、訴訟がないと追跡や身元調査はできない (通信事業者が開示しない) ことも知らないようです (笑) 。
    というより、誰が、誰に、何の身元情報 (個人情報ならまだしも、身元情報って何だよ) を開示するんだよ、豚ぁ!
     
  2. 「サイト運営会社が登録の接続記録という証拠を提出した上での裁判であるため」…これも2011年、2013年6月の時と同じ、決まり文句のようですね (笑) 。
    存在しない接続記録とやらを、出せるものなら出してみろよ、三下が!
    通信記録と携帯電話を紐付けること (通信記録が証拠として採用されるのに必要な処理) が架空請求業者ごときに出来るとでも?
     
  3. 「誤っての登録であっても支払い判決が下される恐れがあります。」…これも2011年と2013年6月の時と同じ、決まり文句のようです。
    裁判手続きをご存じないようですね (笑) 。
    裁判の内容が確定しているかのようになぜ話せるんだよ、ゴミが!
     
  4. 「尚、本通知は最終通告となります。」…これは2013年6月の時と同じ、決まり文句のようです。
    内容証明郵便などで送付するのが正式な通告です。
    電子メールは最終通告にならねえよ、雑魚が!
     
  5. 「ご連絡頂けない場合は上記の法的手続きとなります」…これも2013年6月の時と同じ、決まり文句のようです。
    むしろ法的手続きをとってもらいたいです。
    その方が、架空請求業者を確実につぶせるので。
    訴えられるものなら訴えてみろよ、ゴキブリが!
     
  6. 「※メールでの返答には対応できませんので、ご了承下さい※」…これも2011年の時と2013年6月の時と同じ、決まり文句のようです。
    同じ、決まり文句のようですね (笑) 。
    対応できないならメールで送るんじゃねぇよ、クズ!

テンプレートからして、2011年と2013年6月の送信者と同じ架空請求業者でしょうか?
まだ生きているのでしょうか?
とりあえず、関係省庁とNTTドコモに連絡を取り対応は完了しています。
この手の架空請求メールに引っかからないよう、気を付けましょう。


<架空請求業者へ>
携帯電話課金コンテンツを利用していないので、架空請求メールは無駄だ。
架空請求業者は潰れて負債に苦しんどけ。
もしくは、社会に貢献しない貴様らゴミどもは家畜の餌にでもなっていろ。

0 件のコメント: