2006年10月22日

バースデー・パラドックス

統計学者が「バースデー・パラドックス」と呼ぶ現象があります。

この現象は、無作為に選ばれた23人を集めた場合、そのうち少なくとも2人が同じ誕生日である確率は50%を上回るというものです。

まあ、自分と同じ誕生日の人がいるという確率ではないので、注意が必要ですけど。

私たちが感じる偶然や必然は、統計と隔たりがあるのかもしれませんね。

0 件のコメント: